LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 妙心寺退蔵院 副住職 松山大耕と野田泰平が語る物を「生かす」ための美学 ー前編ー
ストーリー代表・CEO

妙心寺退蔵院 副住職 松山大耕と野田泰平が語る物を「生かす」ための美学 ー前編ー

最新ストーリー社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN)

株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN,Inc)
代表取締役 CEO
野田 泰平/ Taihei Noda

臨済宗大本山妙心寺 退蔵院 副住職
松山 大耕/ Matsuyama Daiko

JBIグループ代表取締役CEOの野田泰平とつながりのある松山大耕氏。経営者とお寺の副住職、まったく立場の違う二人だが、秘めている考えや信念には共通するものがあった。


「侘寂(わびさび)」とは、非常に上質であるというセンス

野田泰平(以下、野田):大耕さんとは、ある会合での出会いをきっかけに知り合い、私が時折、お話を聴きに行くようになりました。あるとき、大耕さんが話しておられた「侘寂」の観念が、すごく心に響いて。それは、私が日頃から大切にしているものと同じだったからです。

「寂れる(さびれる)」とは、「朽ちていく美」を表す言葉。でも、私の業界ではそれをアンチエイジングと言って、「朽ちる」ことをネガティブに考え、「アンチ」とする傾向があります。「寂(さび)」は、もともと人の「生」に対して朽ちていく美をとらえたもので、日本人が大切にしてきた考え方。それなのに、美容業界では、年齢に抗うことが正義といった風潮になっていることに疑問を感じていました。

松山大耕(以下、松山):朽ちの美、侘寂は、いわゆるゴージャスであることや高価というわけではないけれども非常に上質である、そういうセンスですよね。こうしたものには、人を惹きつける魔力があります。
例えば、代々受け継がれていた茶碗などは、誰がそれを買うのかが重要ではなく、その物自体が持ち主を選ぶ、とよく言われます。だから、センスがないと買えないし、価値が分からない。こうしたセンスは時空を超えて、ユニバーサルで通用する概念だと思います。

野田:私たちのお客様は、「エイジングは、ネガティブにとらえることではない」と思っていらっしゃる方々ばかりです。大耕さんの侘寂のお話を聴いたとき、この朽ちる美についてお伝えできれば、我々のお客様たちがもっと納得して下さり、エイジングに対して「自分の想いのままでいい」という気持ちになっていただけるのではないかと。

松山:概して、美しいものというのは、シンプルなんです。私が、さまざまな場所で、いいなと感じたものの多くは、シンプルかつ永く続いているもの。一番印象に残っているのは、ローマにあるパンテオン神殿です。
今のようにCADや計測機器のない中で建てられ、ましてや地震も起こるローマで2000年以上も建設当時の姿で残っています。ドーム型天井の中央の窓から光が差し込む造りは、一見単純なようで力学的にはすごく計算されている。そういうところが、本当に永く愛されるものの条件だなと思います。

妙心寺の本堂も約420年前に建造されています。よくミニマルデザインであると誤解されるのですが、シンプルであることと単純な手抜きは全く違う。設計について考え抜いた後、本当に最低限だけど必要なものは全部あるという美学なのです。
この本堂は、釘を1本も使用していないので、ばらばらにしてすぐに持ち出せますし、部屋も6室に区切ることができます。400年経ても、非常に使い勝手のいい建物であることは、すごいことです。

1杯の「お粥」に込められた「食」の本質

野田:美しさには、時代に翻弄されることなく、ずっとそこに存在できる耐久性があるのですね。現代では、簡単かつ便利にするためにどんどん削っていくことがシンプルだとする解釈もありますが、私は、本質的なものが凝縮されたものを本当のシンプルだと考えています。

松山:それはどの分野においても言えますよね。例えば、料理。修行道場では、料理当番を「典座」と言い、重要な役割を担っています。「影の修行」とも言われていて、今でも薪と井戸水を使います。典座は、命を預かる料理に関わりますから、ある程度修行を重ねた者しか担当できません。

野田:今も、薪と井戸水ですか。

松山:はい。冬場は、手が荒れてすごいことになります。でも、料理をする時間はそれほど多くはありません。実はそのほとんどの時間、掃除をしているんです。薪を使うことで、すすだらけになるので、洗い物や雑巾がけをしないといけませんし、灰を捨てに行かなければなりません。こうした裏方仕事をひたすらやるのが仕事です。
典座の料理において、もっとも難しいのが「お粥」づくりなんです。これは、料理人である義理の父も同意見でした。

野田:お粥ですか。意外ですね。

松山:お粥は奥が深い。水が多ければ薄くなるし、煮過ぎると糊のようになってしまう。環境も水の量も火加減も同じようにやっているつもりでも、日によって出来が全然違います。私も半年間、典座をしましたが、自分で「美味いな」と思ったのは数回しかありません。

この数回のときだけは、梅干しも沢庵も要らないくらい美味しかった。それをいただくだけで、心身ともに温められるような感じです。美味しいものを作れとなったら、いいお肉を購入して、塩をかけて焼くだけでも成立しますが、お粥を本当に美味しく作るというのは非常に難しいんです。

野田:手間を省くことは、西洋的な合理性ですが、日本では手間ひまをかけることこそが、真の合理性なんですよね。

松山:精進料理には五味(五つの味)、五法(五つの調理法)、五色(五つの色)という基本があります。特に五味とは「塩辛い、香辛料の辛い、甘い、苦い、酸っぱい」から成りますが、実は六味あり、最後に「淡い」があるんです。この「淡い」とは、食べたときには分かりませんが、3、40分たっても、何か美味しいというものが残っている、といった感覚です。

なぜ、「淡い」を大事にしているかというと、対極にある「濃い」味は、毎食となると身体の負担になるからです。「淡い」であれば、毎食でも全く問題がありませんから、サステイナブルとも言えるでしょう。お粥には「10個の御利益がある」といったお経もあるんですよ。つまり、お粥が末永く必要とされているのは、本質的なものであるからなのです。

「既にあるものを生かす」ことが「禅」の教え

野田:私たちが販売している石鹸は、購入いただいただけでは商品として未完成なんです。お客様にお届けして、お客様の手の中で最終的に「泡」という商品を作ってもらって初めて完成します。 

P.G.C.D. JAPAN のお客様たちは、きっと朝晩、石鹸を泡立てながら、自分と対話していると思うんです。朝はその日の予定を考えたり、夜は1日を振り返ったりと、洗顔しながら心もクリアにすることでご自身のオンオフのスイッチにしてくれている。
私たちのお客様は、単なる洗顔石鹸を求めているのではなく、毎日、丁寧に手間ひまをかけて自分を美しくする、大事にする生き方を購入してくださっているのだと思っています。

松山:手間ひまをかけることの合理性という点で、禅は非常に効率的な教えなんですよ。現代では、合理性と聞くと、一般的に時間と金銭的な効率を優先しますよね。しかし、禅でいう効率とは、物を主体とした合理性なんです。

例えば、この庭の砂利。一般的に考えたら、砂を掘って捨てて、購入した砂利を入れるほうが安価で容易です。でも、手間ではありますが、砂を掘り、洗い、砂利に振り分けていくと、本当にいいものができる。妙心寺の住職は、残った砂利でミニチュアの石庭を作っていました。これは、「既にあるものをどうやって生かすか」という発想がないとできないことです。

野田:修行の上でも、物を生かすことについて、すごく考えさせられるんですね。

松山:そうですね。先ほどのお粥についても同じ発想で、とぎ汁を活用しています。実は、お米のとぎ汁は栄養価が高い反面、微生物が分解しにくいので河川汚染の大きな原因になっています。
 
私たちはよく、とぎ汁でけんちん汁を作りますが、毎日は難しいので、残ったものを苔の上に撒いています。苔の栄養はほとんど水分で、ケミカルが強いと死んでしまうのですが、とぎ汁は栄養があるのですごくいいんです。
普通に捨てたら河川を汚してしまいますが、けんちん汁としていただいたり、苔に与えたりすることで、とぎ汁の持つ栄養が生きてくるわけです。手間ひまはかかるけど、本質的なものを残していくことが、禅の発想だと思いますね。


物を増やしても本質には辿り着けない

野田:手間ひまとは、物を増やすことによって生じるものではないんですよね。本質的なものが凝縮されたいい物だからこそ、手間ひまをかけることで、本当に必要なものが得られる。それが本当のシンプルだと思います。
商品開発や企画だけでなく、お客様や商品に関わる全てのことにおいて、私が大切にしているのも「シンプルこそがイノベーションである」という考え方。今P.G.C.D. JAPAN ではサボンモーヴ(シャンプー用石鹸)が、多くのお客様に受け入れられています。 この石鹸1つでシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントの効果が得られるので、洗うのも流すのも1回で済む。開発に4年を費やしましたが、どうしても固形のシャンプー石鹸をつくりたかった。その理由は、日本の一般家庭では、1回の洗髪に平均3.6回も流水を使用している事実があり、疑問を抱いたからです。

多くの家庭のお風呂場にはシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメント、それぞれのボトルがあって、それらを流すたびに水を使う。その排水をろ過する上でも、ボトルをリサイクルするにもきれいな水が必要ですし、ボトルの製造過程でも水が必要になる。でも、固形石鹸であれば、ボトルも詰め替えも不要ですし、洗うのも流すのも1回でいい。毎日の洗髪でサボンモーヴ1個を使ってもらえれば、大量の水が節約できます。
そこで今年、手洗いの水さえ不足している発展途上国に水をプレゼントする「子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」を企画しました。サボンモーヴを1つ購入いただいたら、30リットルの水を寄付できる取り組みです。先月7月まで行い、目標500トンを予定していたところ、なんと最終的には合計847トンを達成しました。

松山:洗浄料の中では、人体にも環境的にも石鹸が一番いいらしいですね。

野田:そうなんです。20年前、ビジネスを立ち上げるにあたり、なぜ、化粧品が環境汚染につながっているのかを調べていたとき、滋賀県の琵琶湖富栄養化防止条例(琵琶湖条例)を知りました。
一般家庭から排出される合成・化学原料を含む洗浄剤や化粧品を含んだ水が、琵琶湖の水質汚染の原因であることを知ったときに、矛盾を感じたんです。人をきれいにするはずの化粧品が、地球を汚している。それならば、化粧品がいらなくなる世の中にしたい。肌がきれいであれば、化粧品は不要になるはずですから。そのためには、肌そのものを健やかにするものを作らなければと考え、石鹸に辿り着きました。石鹸には1300年の歴史があり、もともとの水分量が少ないので、不要なものを混ぜる必要がないんです。

松山:先ほどの建築物やお粥、石鹸のように、時代が変わっても永く残っている、続いているものには、手間がかかってもブレることのない本質があるんでしょうね。



後編に続く

Profile

【野田 泰平】
株式会社JBI GROUP(JBIG)代表取締役 Founder CEO、株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN,Inc)代表取締役 CEO。1979 年福岡県⽣まれ。
<学歴>
kuwasawa Design School 卒業
Globis 経営⼤学院 卒業
<学位>
建築学⼠ BARCH (Bachelor of Architecture)
経営学修⼠ MBA (Master of Business Administration)


【松山大耕】
臨済宗大本山妙心寺 退蔵院 副住職
1978年京都市生まれ。2003年東京大学大学院農学生命科学研究科修了。埼玉県新座市・平林寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。外国人に禅体験を紹介するツアーを企画するなど、新しい試みに取り組む。外国人記者クラブや各国大使館で多数講演を行うなど、日本文化の発信・交流が高く評価され、2009年5月、政府観光庁Visit Japan大使に任命される。また、2011年より京都市「京都観光おもてなし大使」。2016年日経ビジネス誌「次代を創る100人」に選出される。2011年には、日本の禅宗を代表しヴァチカンにて前ローマ教皇に謁見、2014年には日本の若手宗教家を代表してダライ・ラマ14世と会談し、世界のさまざまな宗教家・リーダーと交流。2014年世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するなど、世界を股にかけ、宗教の垣根を越えて活動中。


ライター・編集/高橋奈巳、西野愛菜

関連キーワード

最新ストーリー 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN)

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (521) 最新ストーリー (133) 社員_アイドマ・ホールディングス (28) 社員_アセットガーディアン (19) 社員_メディケアー (11) 社員_カスタマーリレーションテレマーケティング (11) 社員_マケレボ (10) WAOJE Tokyo (9) KGF (9) ピックアップ (8) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 社員_プルデンシャル生命保険 (7) 社員_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (7) 社員_シーアールエス (6) 社員_識学 (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_秋葉牧場 (6) 価値観1 (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_いろはにぽぺと (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) WAOJE Tokyo 理事 (5) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_Surpass (4) 社員_インフォマート (4) 社員_風と緑の認定こども園 (4) 社員_ブリス・デリ&マーケティング (4) 01 社員ストーリー (3) 01 レビュー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 社員_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 代表_ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D.JAPAN) (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) WAOJE Tokyo_イベント (3)

カテゴリ

ピックアップストーリー