LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 二兎を追って 二兎を得られる 世の中を創る
ストーリー代表・CEO

二兎を追って 二兎を得られる 世の中を創る

代表_株式会社HARES

仕事と育児の両立、
副業・複業による
「スパイラルキャリア」を支援

企業のエンゲージ経営を推進する
働き方改革の「ドラえもん」

株式会社HARES
CEO/複業研究家
西村 創一朗 /Soichiro Nishimura

 

人々が自分らしい生き方を選択できるよう、社会の常識を変える

「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」

複業研究家・西村創一朗が掲げるビジョンだ。

日本社会ではこれまで「終身雇用」「男性は仕事、女性は家庭」といった、二者択一的な生き方が当たり前だったが、そんな時代は過ぎ去った。「仕事」と「子育て」の二兎。本業と複業(副業)の二兎。二兎を得たい個人を支援するとともに、二兎を追うことを認め応援するような社会をつくることを、西村は自身のミッションとしている。

西村は学生時代からNPO法人ファザーリング・ジャパンの理事として、父親が仕事と育児を両立して楽しめるような「父親支援」「男性の意識改革」に取り組んできた。

また、代表を務める株式会社HARES(ヘアーズ)では、副業・複業に興味がある人のためのオンラインサロン「HARES COLLEGE」を主宰。複業に関するノウハウや複業家へのインタビューといった情報を提供するほか、交流イベントも開催している。

しかし、個人が「二兎を追う」生き方を望んでも、それを認めない企業が大多数を占めるのが現状だ。「イクメン」という言葉が浸透し、会社員男性へのアンケートで「育児休暇を取りたい」という男性が70%近くに達する結果が出ている一方、実際に育休を取っている男性は3%にも満たない。副業についても禁止している企業が多く、社会人大学院に通うことさえ、会社に内緒にしている人が多いのだという。

「自分らしく生きることが、社則や職場環境によって阻害されている。そんな現状を変えたいんです。そのために、経営のあり方そのものから考え直す必要があると思っています」

HARESでは、企業に対し、採用や働き方改革のコンサルティング、BtoBマーケティング支援なども行っている。その中で、「副業禁止規定をなくす」「男性の育休取得率の向上」「時間と場所に縛られない働き方の創出」といった取り組みを推奨している。

これらは一見、社員だけにメリットがある「福利厚生」と思われがちだ。しかし、実のところ、企業の「成長戦略」としても有効であると、西村は言う。

「今、利益を挙げて伸びている会社と行き詰まっている会社。分かれ目は何かというと、『エンゲージメント』が高いか低いか、なんです」

 

企業を成長に導く「エンゲージメント経営」を支援

エンゲージメントとは「つながり」の意。人事分野では、企業と社員の関係性を示す。エンゲージメントが高いということは、社員の会社に対する「愛着」「思い入れ」が深く、さらには「会社と個人が双方の成長に貢献し合う関係」が築かれている状態といえる。

「『イントラパーソナル・ダイバーシティ(個人内の価値観の多様化)』という言葉があります。つまり、会社以外に家庭やそれ以外の第3の社会活動の場――副業、趣味、ボランティアなど複数の拠点を持って活動することです。そのように個人の中で多様性を持つことがイノベーションを生み、成長につながり、ひいては会社への貢献にもつながる。だから会社としては、個人の価値観の多様化を支援することで、エンゲージメントが高い組織をつくることができるわけです。そして、従業員エンゲージメントをスコア化した『eNPS』という指標があるのですが、このスコアが上がると、次は『NPS』=顧客ロイヤリティ(企業やブランドへの愛着・信頼)が上がると言われています。つまり、中長期的に会社の利益や成長につながるんです。僕が目指すのは、そんな好循環を創り出すことです」

これに気付いた企業では、仕事と育児の両立支援制度や働き方改革に取り組む一方、「副業解禁」にも目を向けつつある。西村が開催する「副業解禁セミナー」には、今、大手企業の人事担当者が押し寄せているのだ。IT・Web業界などの先進的なベンチャー企業ではいち早く「副業解禁」を打ち出し、すでに効果を挙げているケースが見られるが、2017年に入り、その取り組みが幅広い業種の大手にも広がってきたという。

「エンゲージメント経営」を推進するために、西村はさまざまな角度から提案やサービス提供を行っている。長時間労働削減の施策、リモートワークの仕組みづくり、コミュニケーションの活性化・迅速化のためのチャットツールや従業員同士の関係向上を促進するツールの導入など、数多くの引き出しからその企業に適したものを提供する。

「僕は、働き方改革の『ドラえもん』でありたい。100社あれば、100通りの課題がありますから」

以前はリクルートキャリアに在籍し、人材ビジネスや自社の採用に携わってきた西村。その経験を活かした採用コンサルティングにも強みを持つ。

特に西村が推奨するのが、「リファラル・リクルーティング」だ。これは自社の社員や内定者に別の人材を紹介・推薦してもらう採用手法。人と人とのつながりがベースにあるため、自社の魅力を伝えやすく、社風とマッチする人材を呼び込む効果がある。西村は、リクルートキャリア時代に採用担当としてこの手法を導入し、確かな手ごたえを得た。通常は1人あたり100万~150万円かかるといわれる採用単価もわずか数万円に抑えられ、大幅な採用コストカットが可能な手法だ。



19歳で「大学生パパ」に。「男性の育児」の啓蒙に取り組む

今では「社会を動かす」という志を持つ西村だが、中学時代まではすさんだ時期もあったと言う。小学校6年生のときに両親が離婚。母は、西村と2人の妹を育てるため保険セールスとして働いたが、苦労が重なり、身体を壊してしまう。生活保護を受けるまでに困窮し、心のよりどころだったサッカーも、ケガのためにできなくなった。学校に行く意味を感じられなくなり、午前中は寝て、午後からゲームセンターに行く生活が続いた。

中学3年生の冬のことだ。担任教師から進路の希望を聞かれ「考えてない」と投げやりに答えた西村に、先生は「俺が公民の授業で教えた言葉を覚えているか?」と言った。

「それは、『国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考えよう』という、ジョン・F・ケネディの言葉でした。家庭の事情のせいにして将来をあきらめようとしていた自分に気付かされた。それを機に『家族や社会に恩返しをするため、何ができるか』と考えるようになったんです」

社会への貢献を志して大学に進んだ西村だったが、まだ1年生だった19歳の夏休み、大きな転機が訪れた。高校時代から付き合っていた彼女が妊娠したのだ。周囲から「バカップル」と言われるほど仲が良く、結婚を決意していた2人にとって、それは素直にうれしい出来事。産む以外の選択肢はなかった。

2人で産婦人科を訪れた帰り、駅前のロッテリアで今後のことを相談した。店内に置いてあった『タウンワーク正社員版』を手に取り、大学を中退して働く覚悟を決めた。

しかし、彼女の父親から予想外の言葉をかけられた。「妻子を養うために、ちゃんと大学を卒業してから就職しなさい。それが君の責任だ」。

出産後は妻の実家に同居し、子育て・勉強・アルバイトに明け暮れる日が始まった。しかし、いくら一生懸命働いたところで、学生アルバイトの稼ぎはたかが知れていた。

「父親なのに、学生だから家族を満足に養えない、という葛藤。『これは自分が描いていた父親像じゃない!』と自分を責め続けていました。そんなとき、ファザーリング・ジャパンの代表・安藤哲也さんのインタビュー記事を読んだんです。『良い父親ではなく、笑っている父親を目指そう』という内容で、頭に雷が落ちたような衝撃を受けました」

すぐに安藤氏に連絡を取り、活動に参加。最年少で理事となり、現在も活動を続ける。

一方、大学卒業後はリクルートキャリアに入社。営業としてトップの業績を挙げた。しかし、社内でできることに限界を感じた西村は、入社3年目に副業としてブログを始め、2015年、会社員という身分のままHARESを立ち上げた。2016年に会社を辞めるまで、まさに自身が「複業」を実践してきたのだ。

現在、西村の働きかけは政府機関にも及ぶ。政府は「日本再興戦略」として起業支援に取り組み、開業率の引き上げを図っている。「兼業・副業を通じた新事業創出に関する研究会」も設けられ、西村は提言を行っている。2017年9月には、経済産業省が設置した「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」の委員にも選出された。

また、兼業・副業・フリーランスが社会のセーフティネットから漏れている状況を課題視。彼らをサポートするために、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会を仲間とともに立ち上げた。

「ピーター・ドラッカーは『パラレルキャリア』を提唱しましたが、僕は『スパイラルキャリア』が理想だと考えています。本業と並行して交わらないのではなく、絡み合うことで相乗効果を発揮するほうが、個人のキャリアにとっても組織にとってもいい。僕自身、会社に勤務しつつブログメディアを通じた活動を行ったことで、人脈と知見が広がり、社内で新規事業企画に挑戦するチャンスもつかめました。複業のスパイラル効果で、やりたかったことに近づけた実感があります」

現在3児の父となった西村は、会社を辞めて独立したことを「育休的起業」と称する。週休3日で、平日も基本的には16時半~17時には仕事を切り上げ、子どもたちと遊び、一緒にご飯を食べ、お風呂に入る。週末は子どもたちが所属するサッカーチームのコーチを務める。あと5年は、家族との時間を何より大切にすると決めている。

「ちゃんと成果さえ上げていれば、働く時間やスタイルは個人の自由。可処分時間を増やし、家族や学びや複業に時間を投資できる。そんな世の中を創っていきたいですね」

 

リスナーの目線

とにかくボキャブラリーが豊富。大学時代、妻子を養う力を付けようと日経新聞の朝刊・夕刊を毎日読み込んだそうですが、あらゆるキーワードを蓄積しては整理していく習慣が付いているのでしょう。引き出しの多さは、まさに「ドラえもん」です。「奥さんのどこが好き?」という問いには「全部!好きな理由は言語化不能。人として尊敬している」と即答。社会を変える志の裏側にある、身近な人への愛情の深さがしっかりと感じとれました。

インタビュー・編集/青木典子天田有美 撮影/田中振一

Profile

1988年生まれ。当時19歳の頃に長男が誕生し、学生パパとなる。その後、2009年よりNPO法人ファザーリング・ジャパンに参画し、現在は最年少理事を務める。

大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社。MVP受賞歴多数。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、第三子となる長女の誕生を機に「通勤をなくす」ことを決め、2017年1月に独立。独立後は「週休3日」で家族と過ごす時間を倍増させながら、複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業・政府向けにコンサルティングを行う。講演・セミナー実績多数。2017年9月より「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)の委員を務める。

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

代表_株式会社HARES

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (403) 最新ストーリー (32) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_識学 (5) 社員_プルデンシャル生命保険 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_マケレボ (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー