LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > 仕事は自己表現の場であり、修行の場でもある
ストーリー代表・CEO

仕事は自己表現の場であり、修行の場でもある

代表_ホスピタリティパートナー

株式会社ホスピタリティー&パートナーズ
代表取締役社長
根来 尚子 / Shoko Negoro

愛をもって、お客様の想像を超えるサービスを提供する

2006年に「麻布ペット」を開業し、現在はペットサービス企業として、ペットシッター、ペットホテル、トリミング、ペット介護、ペットタクシーといった事業を展開しています。

特にご好評をいただいているのは、お客様のご自宅にお伺いして、大切な家族の一員である愛犬・愛猫のお世話をするペットシッターです。特徴は、細やかな対応と、それに付随するセキュリティの高さ。カメラを完備してリアルタイムでお世話の様子を把握できるようにしているほか、出入りしてほしくない部屋のドアには特殊なシールを貼っていただくことによって入室したか否かがわかるようにし、シッターの入退出もGPSで管理しています。

クラウドで管理した電子カルテをお客様と共有する取り組みもいち早く行ってきました。常に他社に先んじたサービスを提供しているところが強みであり、お客様に選ばれている理由でしょう。

ペットホテルにしても、一般的には受け入れない老犬やリスクのある犬も受け入れるという点で他社とは一線を画しています。問題行動のある犬でも、どのようにすればお預かりできるかをお客様と一緒に対処方法を考える。どんな難しい要望にも、絶対に「NO」とは言わず、どうすれば可能にできるかをお客様に寄り添い考える。ケガや、命にかかわる病気の動物は預からないというのが業界のスタンダードだと思いますが、私たちは事前に「万が一の場合はどうするか」という点までお話をして、合意を得た上でお預かりしています。

企業としては、リスクは回避したいところですが、それではお客様に必要とされる存在にはなれません。私たちの仕事は、お客様あってこそ。お客様に心から満足していただくためには、要望を100パーセント満たすだけでなく、いつも101パーセントを目指して、想像を超えるサービスを提供していく必要があるのです。ペットが病気をしているけれども、仕事にも行かなければならない、とお困りのお客様がいたら、どんな困難があろうとお客様に尽くす。それがサービス業を行う私たちのあるべき姿です。言うなれば、ザ・リッツ・カールトンのように、お客様に満足を超える「感動」をお届けすることが使命だと考えています。

こうした信念の土台になっているのは、「麻布ペット」創業の理由でもある「困っている人の役に立ちたい」という思いです。そもそものきっかけは、私の愛犬、ミニチュアピンシャーのチョコをペットホテルに預けたところ、ストレスで自分の足を噛み続け、包帯を巻いて帰ってきたことでした。私が出かけるためにチョコを預ければ、また同じことを繰り返してしまうかもしれない。外出することに罪悪感を覚え、大切な家族のためなら…と、自分のすべてを犠牲にしてでもお世話をしてしまう自分がいました。

そんなある日、ある方の勧めで「ペットシッター」を依頼してみたところ、自宅での留守番にはまったくストレスを感じなかったチョコは、元気に私の帰りを待っていてくれました。このとき、環境の変化が動物にもたらす影響の大きさを知り、同時にペットと飼い主双方を幸せにするペットシッターというサービスの素晴らしさにも気づいたのです。

自分のように、愛犬や愛猫を大切に思うからこそ自分を責め、我慢をしている人がきっといるはず。誰かの犠牲のもとに成り立つ幸せがあって良いはずがない。同じような葛藤を抱えている人の役に立てる仕事がしたい。犬も、猫も、人も、皆が幸せになれる毎日を創りたい。そう考えて、2006年に「麻布ペット」を創業しました。

 

ひとりの母になって、より自然体で仕事に取り組めるようになった

起業家を志したのは、高校生の頃です。大学進学後もその意思に変わりはなく、卒業したらすぐに自分の会社を興そうと考えていたんです。在学中は、1990年代という時代背景もあって、学生イベントが隆盛をきわめていました。私も多くのイベントを主催し、当時大人気だったクラブで催すパーティーはいつも大盛況でした。

そして時代はポケベルから携帯電話へ。自然な流れで携帯電話の販売も行うようになったのですが、ノルマを果たせば1台あたりの報酬がもらえます。当時は機種代金が無料だったので、時代の追い風もあって、それは面白いように契約が取れたものです。「お金を稼ぐのって簡単」と、完全に調子にのっていましたね(笑)。勢いに乗って、そのまま起業するつもりだったのですが、いち早く起業していた先輩から「新卒で就職した会社の名前は、一生聞かれる。一度は就職したほうがいい」と強く勧められ、外資系のコンサルティング会社に就職。1年で辞めると宣言しての入社でした。

入社後はSEとしてシステム関連の知識を蓄え、宣言通りに退職して、まずは中小企業向けのコンサルティングを開始します。その頃、羽振りのよかった運送屋さんや魚屋さんなどは、請求書は手書きでファックス、仕入れは手計算、という会社ばかりでした。そういう先に営業をかけ、コンサルティング会社の同期に外注で仕事を振るという、持ち前のコミュニケーション能力を生かした形での起業でした。美容系のポータルサイト運営をスタートさせたのも、その頃です。

順風満帆に思えた起業も、すぐに「大学のころのようにうまくはいかない」ということに気づきます。社員に給与が発生することも、事務所を借りるのに予想以上のお金がかかることもまったく計算に入れずに、「私はお金を稼ぐのがうまい」と勘違いしたまま走り出してしまったのですから、今から考えれば当然です。

お金はどんどんなくなり、ポータルサイトも売却せざるを得ませんでした。人を雇うのは大変だと、ようやく気付いたのがこのころです。「女だからという偏見や中傷には負けたくない」と肩に思いっきり力が入ったまま、無理やり自分を鼓舞して働いていたことも、歯車を狂わせた一因だったかもしれませんね。

結局、ポータルサイトだけでなく会社も手放して、しばらくは仕事から離れた生活を送っていたのですが、時間が経つにつれ、また何かをやりたいって思いが強くなってきて…。そんな紆余曲折の末、ようやく“経営者”という自覚を持って再スタートを切ったのが、今の会社です。

ただし結局のところ、人生で一番の転機は出産だったと断言できます。それまでは、頑張れば頑張るほど、周りからは「女を武器にしている」という目で見られている気がしてならなかったのですが、子どもを産んでから、やっと「女社長」という偏った先入観から解放されました。女であり社長である前に、ひとりの母であるという事実によって、より自然体で生きられるようになったのかもしれませんね。


 

「 20 代のうちに必ず独立する」という強い意志をもって働いてほしい

近い将来の目標は、より大義のある、社会的な問題の解決に直結する仕事をしていくこと。例えば、ご自身の余命を案じてペットを飼うことを躊躇している高齢者の方から信託を受け、飼い主に先立たれたペットを最期まで責任をもってお世話する事業です。そこを障がいのある地元の人が働ける場所にしたいのです。

障がい者雇用は、私が出産するときに「自分の子どもに障がいがあったら」と考えたのを契機として、できることを模索してきた分野でした。障がいのある子どもを授かった親が望むのは、きっとその子の「将来的な自立」でしょう。そして、真の自立に必要なのは、金銭的な援助ではなく、自分自身で稼ぐ力を身につけるための環境ではないでしょうか。障がいの有無にかかわらず、働き続けたいと思う人の力になれる会社でありたいですね。

ペットサービス業界は、総じて離職率が高いと言われています。理由として多いのは、賃金が安いことなど待遇面への不満。確かに、現状の平均的な給与額は、男性が結婚して家族を養っていくには決して十分とは言えません。夢を抱いてこの仕事に就きながら、志半ばで辞めてしまう人が多いのは非常に残念なことです。

当社では業界水準を超える給与額を設定していますが、今後はより多くの人が誇りをもって働き続けられるよう、「のれん分け」の形で店舗を増やし、意欲のある人にどんどん任せていきたいと考えています。経営を軌道に乗せるまでは会社が責任を持って行い、目途がついた段階で売却してフランチャイズ契約をする。この仕組みによって、社員はサロンオーナーとして一国一城の主になることができ、頑張れば頑張っただけ収入を得られるようになります。時間が自由になるので、結婚して子どもを産んでも働けるでしょう。

私自身が出産して感じたのは、子どもと過ごす時間には何ものにも替えがたい価値があるということ。そして仕事も、生きていく上で必要な社会性を磨くために欠かせないものだということです。女性にも、仕事も育児も諦めることなく、両方手に入れられる立場を目指してほしい。これから採用する方には、男女問わず「20代で独立する」という強い意志をもって仕事に取り組み、必ず「自分の店」を手に入れてほしいと思っています。

仕事は自己表現の場であり、修行の場でもあります。苦しいこともあるけれど、好きで始めた仕事なら、愚痴を言って働くより仕事への愛を公言して働けたほうがいい。辛いことがあっても逃げないで働き続けていれば、人生はより豊かに、生きやすくなるのではないでしょうか。

 

リスナーの目線

関西出身ならではの軽快なテンポで繰り出される数々のエピソード。ハングリー精神の源となる高校時代の出会いや大学時代のやり手ぶりに笑いながらも、その地頭の良さに舌を巻き、今後を見据える視線の確かさにうなったインタビューでした。この仕事に向いているのは「愛のある人」と語った浜井さん。社員のより良い未来を戧ろうと尽力するその姿勢こそが、「愛」そのものでした。

Profile

1976年、京都府生まれ。1999年、関西学院大学卒業後、外資系大手コンサルティングファームである現・プライスウォーターハウスクーパース株式会社へ入社。2000年、23歳の時にシステム開発で起業。2006年に株式会社ホスピタリティー&パートナーズを創業し、代表取締役社長就任。以後、森ビル・三井不動産などの大手デベロッパーとの提携等により拡大させたペットシッター事業は、都内最大級の規模を誇る。現在では息子を持つ母として妻として、女性であることを楽しみながら、しなやかな経営に取り組んでいる。

関連キーワード

代表_ホスピタリティパートナー

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (375) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 最新ストーリー (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ブラス (3) 社員_シーアールエス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_プルデンシャル生命保険 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2) 代表_株式会社ハロネット (2) 代表_株式会社サーキュレーション (2) 代表_アルサグループ (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー