LISTEN

TOP > ストーリー代表・CEO > ハイエースを愛する人々に、充実した人生を届けていきたい
ストーリー代表・CEO

ハイエースを愛する人々に、充実した人生を届けていきたい

代表_シーアールエス

海運業からITベンチャーまで
数々の企業でバックオフィスを
支えてきた

「会長の板谷と協力し合い
会社にシナジー効果をもたらしたい」

株式会社シーアールエス
代表取締役社長
佐藤 昭平 / Shohei Sato

カスタマーファーストのポリシーを理解し、徹底する精鋭が揃っている

車離れが叫ばれて久しい近年の自動車業界。その中で人気が衰えるどころか急上昇中なのがハイエースだ。商用車としてはもちろん、最近では旅行やアウトドアのシーンで乗用される機会が増え、レジャーユース用にカスタムされることも多い。そしてハイエースのカスタムオーダーの火付け役ともいわれているのが、ハイエース専門店を2店舗展開する株式会社シーアールエスだ。

長い年月をかけて全国に顧客を増やしてきたが、ハイエース人気が重なったこともあり、ここ数年は売上が好調。横浜と、創業の地である大阪に店舗を構えているが、マーケットのさらなる拡大に向け、バックオフィスを支える存在として2018年にジョインしたのが、代表取締役社長の佐藤昭平だ。

入社して日は浅いが、常駐している横浜と本社の大阪を行き来する日々。店舗や工場の社員と接し感じたのは、「会社のポリシーをきちんと理解してくれている」ということだった。

「会長の板谷が創業当時から守ってきたのは『顧客第一主義』。長年車を愛用してきたお客様の立場からすると、自動車の販売って売り手主導だと感じることが多いんです。でもここは電話応対ひとつをとっても、お客様目線だとよくわかります。若いスタッフも含めて皆とても真面目で熱意を持って仕事と向き合っている。企業として大事にしている『カスタマーファースト』を徹底する優秀なメンバーたちに対し、さらに成長できる環境を整え、そして彼らの想いを継承する若い人材を育てていく。それが私のミッションです」

シーアールエスは設立当初から、日本全国の顧客とつながることを目指してきた企業だ。本来であれば、顔なじみの多い地元でスタートをきった方がすぐに顧客がつき、経営が続きやすい。その反面、次第に常連客が大半を占めるようになり、店の新陳代謝が悪くなる可能性も高い。実際に地域密着型の店では、友人とお客様の線引きが曖昧になっているのも事実だ。それを懸念した当時の社長である板谷は、自分の仲間が一切いない場所に一号店を開き、ゼロから顧客と関係を築いてきた。だからこそ、コミュニティが限られているクローズドな雰囲気は一切なく、日本各地のハイエースファンから愛される会社となったのだ。

顧客を迎えいれる環境づくりが徹底しているのもシーアールエスのスタイル。改造も手がける自動車販売店だと、床がオイルで汚れていたり、煙の臭いがしみついていたりすることは避けられない。しかし、シーアールエスはショールームも工場も清潔に保たれており、洗練された雰囲気が漂う。スタッフ全員が制服を着用しているため、統一感を感じられるのも他の販売店とは異なる特徴だ。

こうして顧客としっかりと向き合い、心地いい店づくりができるのは「スタッフのモチベーションが高いから」と佐藤は話す。

「ストレスなく働いてほしいから、なるべく残業はさせず、ライフワークバランスのいい生活が送れるような体制を整えています。『前の職場では夜の12時まで働いていた』なんてスタッフもいましたが、うちではそういう働き方は推奨していません。プライベートの時間を確保することが、業務の生産性アップにもつながると思っています。また、一人ひとりがキャリアビジョンを明確に描けるよう、コミュニケーションは密にとるようにしています。『今の役割は何か、どんなポジションで活躍したいか、してもらいたいか』など。互いの理解を深め合い、将来を見据えた上で仕事に臨めるからこそ、モチベーションをキープできるんだと思います」 



酸いも甘いも経験し、バックオフィスのプロフェッショナルへ

佐藤が新卒で入社したのは、海上輸送を行う海運会社。海外で働けることを期待していたが、配属されたのは本社勤務の経営企画の部署。船舶の購入から運用方法、資金繰りまで、設備投資に関する業務を8年間担当した。現在の仕事に通ずる基盤をつくった佐藤は、30歳を過ぎた頃、「自分の力を試してみたい」と転職。現在のソフトバンクの前身でもある出版系のベンチャー企業にて、管理部の一員として会社の上場を目指す。

海運会社から業態のまったく異なる出版社への転身。カルチャーギャップを感じる場面はあったが、新鮮な環境に身を置いて働いたことで大きな自信へとつながった。しかし、目標としていた上場は叶わなかった。

「上場を経験したい」という想いに火が付いた佐藤は、新興のエンターテイメント企業に入社し、本格的に会社の上場に向けて力を注ぐ。加えて20人以上いる部下のマネジメントや社員採用など、経理をのぞいた管理業務のほとんどを任されることに。30代半ばにしてバックオフィスの責任者となり、無我夢中になって働いた甲斐あり、念願だった東証上場に貢献した。

その功績を買われ、続けて入社したITベンチャーの経営ポジションに就任。サイバーエージェントやGMOなどと肩を並べるほど勢いのある企業だったが、佐藤はここで思わぬ経験をすることになる。

「当時はIT系の成長スピードが加速している時期。積極的に企業買収・ハンズオンを繰り返していたのですが、徐々に失速してしまい、最終的には破綻してしまったんです。もちろん、倒産処理をするなんて初めての経験。しんどいことは山ほどありましたが、今思えば普通の人では味わえないような貴重な体験をさせてもらえたなと。上場企業の急成長から失墜に至るまでをこの目で見られることは、後にも先にもないと思います」

その後、ダンベルやバーベルのインターネット販売を行う会社で社長を務め、今後の去就について考えていた佐藤は、シーアールエスと取引していた人物からの紹介により、板谷と出会う。車は好きだったが、まったく経験のない自動車業界。50歳を目前にしてチャレンジを決めた理由を佐藤はこう語る。

「板谷と何度か話していくうちに、彼が得意としている分野と私が蓄積してきた経験にだいぶ違いがあるとわかりました。お互いが足りない部分をうまく補完していけば、会社をより良く、より大きくしていけると思いましたし、シーアールエスという会社そのものに魅力を感じました。何より縁を大切にしたかった。ここまで歩んでこられたのも、お世話になった会社や周りの人のおかげ。それぞれの縁に導かれてシーアールエスにジョインできることがとても嬉しかったですし、仲間になったからには自分ができることをしっかりと考えて、貢献しなければならないと思いましたね」



ハイエースを通じて、お客様のよりよい人生をお手伝いする

現在約30名の社員が在籍するシーアールエス。売上高が伸びていけば、おのずとスタッフも50名、100名と増えていくだろう。その中で佐藤は、フロントで働く彼らを支える仕組みをつくり、業務フローを整備することを目下の目標にしている。

資材調達や投資判断にもタッチしていく予定だ。偶然にも、海運会社時代に経験したことと同様の業務。当時最先端だった海運業の設備投資や資金運用に関する知識を、新たな場所で活かせる喜びを感じているという。

「何かを指南できるというほど大袈裟なものではありませんが、私が20年の仕事人生で学んだことは、若いスタッフに話していきたいなと思います。職業人としての経験だけでなく、社会人としての考え方も含めて、彼らの人生によいきっかけを与えられたら嬉しいですね」

入社して数ヶ月が経ち、大好きな車に関われる喜びと伸びしろの大きい企業を拡大していく面白さを噛みしめながら仕事に取り組んでいる。自動車人口が減っている一方で、働き方改革によりプライベートを楽しむ人々が増えていくと推測している。趣味や余暇の一環として、ハイエースを乗る人々へ最高のサービスを提供することを誓う。

「お客様一人ひとりのニーズや嗜好に合わせて提案していけるコンサルティング力の高いスタッフが揃いつつあるのが今のシーアールエス。ハイエースを乗る醍醐味のひとつでもあるカスタムの技術も、ディーラーさんやメーカーさんより改造に関わる時間が長い分、自信を持っています。うちで購入した車に乗ることで、お客様の人生を充実させていければ、これ以上の幸せはないと思います。私自身も、この仕事を通してよりよい人生のお手伝いをしていきたいです」



リスナーの目線

街の自動車販売店とは一線を画す経営をされてきた板谷さんが新社長を迎えたとなれば、ひと方ならぬジョインとは想像していたものの、お会いした佐藤さんはご経歴・お人柄共に、ナンバー2の手本のような方でした。プライベートでは大好きだった車の仕事にこのタイミングで就くことになったのも、良き巡り合わせですね。名参謀が参画したこれからが本当に楽しみになってきました。

インタビュー・編集/垣畑光哉、堤真友子 撮影/森モーリー鷹博

Profile

1968年生まれ。大学卒業後、海運会社に入社し、設備投資の業務を担当。2001年より、ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社で経営企画職に就く。その後、株式会社マーベラスにてバックオフィスの責任者となり、東証上場に貢献。ITベンチャー、通信販売会社へ経て、2018年よりシーアールエスに入社。

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

代表_シーアールエス

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (403) 最新ストーリー (32) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_識学 (5) 社員_プルデンシャル生命保険 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_マケレボ (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー