LISTEN

TOP > ストーリー > ICT関連の取り扱い商材は40万点。 パートナー企業は1万社以上
ストーリー

ICT関連の取り扱い商材は40万点。 パートナー企業は1万社以上

ランキング 2位特集一覧 ピックアップ

ソフトバンクの原点を継承。
ICT、IoTへのチャレンジも加速させナンバーワンを目指す

SB C&S株式会社
市川 隆博 Takahiro Ichikawa
コーポレート管理統括室 室長

法人&一般消費者に「便利」「楽」「楽しい」を届ける

『ソフトバンク』と聞けば、真っ先に携帯電話事業を思い浮かべる人がほとんどだろう。通信をはじめ幅広い事業を展開するソフトバンクグループだが、1981年の創業当時はパソコン用パッケージソフトの流通事業からスタートした。その原点というべき事業を引き継いでいるのがSB C&S(エスビーシーアンドエス)株式会社だ。

この数十年の間に、取り扱い商品はソフトウェアからハードウェア、IT周辺機器、ネットワークOS、モバイルアクセサリーなどまでジャンルが拡大。現在はクラウド・AIといった最新テクノロジーにも注力し、働き方改革、生産性向上を図る企業をサポートしている。法人向けに関しては、取り扱いメーカーは4000社、取り扱い商材は40万点以上。「ICT分野で扱っていないものはない」という状態だ。販売パートナーは全国で約1万社・4万拠点に達する。

一方、スマートフォンユーザーをはじめとする一般消費者向けには、機能やデザイン性に優れたプロダクトを提供。スマート家電コントローラーやコミュニケーションロボットなど、IoTを活用した新しいライフスタイルを実現するアイテムも届ける。自社ブランド商品も含め8万3000点以上を扱い、店舗数は2万5000店以上という規模だ。

コーポレート管理統括室室長の市川隆博は、SB C&Sで働く醍醐味をこう語る。

「私たちが扱ってる商品は、世の中を便利にしたり、日々の生活や働き方を楽しくしたり、楽にしたり、豊かにしたりするもの。そうしたアイテムをお客様にお届けして喜んでいただき、社会への貢献を感じられることが大きなやりがいです」

同社は7期連続で過去最高益を更新中。分社から4年間で営業利益は2倍に伸びており、2020年にはさらに1.5倍への成長を目指す。

市川はSB C&Sの強みを「37年の歴史の中で培われてきた信頼」だと自信を見せる。多くのメーカーやパートナーと関係を築いてきたことで、流通事業そのものが「プラットフォーム」として確立されており、そこに乗せた商品はスムーズに流れていく。直販を行う会社から転職してきた人は「お客様から次々と見積もり依頼や注文が入ってくる」状況に驚くという。

「戦略も明確。事業領域・ビジネスモデル・収益構造・ターゲット市場、その4つの柱から戦略を組み立て、それに則ってしっかり積み上げてきた」と市川。例えば、もともとの流通業、つまり「商社」の立場だと商品を流して単発的に収益を挙げる「フロー型」だが、継続的に収益を生む「ストック型」のビジネスモデルの確立を図り、モバイル代理店としての機能をゼロから立ち上げた。クラウドやセキュリティのように、スマホ、ipadなどで使われるサービスも「ストック型」だ。また、モバイルのアクセサリーや周辺機器などは自社プライベートブランドとして収益率が高い商品を送り出した。流通事業に関しては、常に最新の技術や製品へのアンテナを張り、競合よりも早くリーチして独占契約を結ぶ。

ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が描くのは「群戦略」。グループ各社が裁量権を持って経営し、各分野のナンバーワンとなり「ナンバーワン企業の群れ」となることだ。SB C&SもICT製品の製造・流通・販売分野で圧倒的ナンバーワンを目指す。

SB C&S株式会社 コーポレート管理統括室 室長 市川 隆博

「スピード」「今、決める」の風土で成長を遂げてきた

市川は大学卒業後、システムインテグレーターに4年勤務した後、1993年にソフトバンクに転職した。面接で会った社員たちは、若いのにクレバーで論理的で、スピード感があった。「この人たちと働きたい」と入社を決めた。

入社後は、経営企画、総務、人事などを務めてきた。当時から孫氏は世間から注目を浴びる存在。従来の常識を破る戦略や施策は、称賛もされたし叩かれもした。

「社員である自分から見ても、『この人はおかしいんじゃないか』と思うことはいっぱいありましたね(笑)。でも、後から『やはり正しかった』と理解できた。例えば、ADSLのモデムを赤い袋に入れて路上で無料配布する施策。欲しくもない人に押し付けるように渡すのはどうなのか、と当初は首をかしげました。でも、0円で使って良さを知ってもらい、不要なら返却してもらうというやり方は、後々マーケティング手法の一つとして成り立っていますよね。固定観念にとらわれず、常に変革や挑戦を繰り返してきたことが今のソフトバンクグループの成長につながっていると思います」

もう一つ、市川がソフトバンクに転職してきた当時、驚いたことがあるという。常に「スピード」を求められるということだ。「とにかくスピードだ」が孫氏の口グセ。指示を受けてから30分も経っていないのに「できた?」と聞かれた。

「最初は違和感がありました25年前の当時は、ビジネス界で『スピード』なんて言う人はいませんでしたから。そして彼が言うスピードとは、『ねじを締めるスピードを速くしろ』ということではなく『プロセスを速く流せ』ということでした。『デスクの上に溜まっている稟議書をすぐ処理しろ』と。つまり決断のスピードを上げろ、ということだったんです」

市川が今も覚えている孫氏の言葉がある。

「今、決めることが大事なんだ」。

今日判断しても3日後に判断しても、どうせ結論は変わらない。決めてみて違っていたら、もう一度判断をやり直せばいい――。

その行動指針が、まさに体現された出来事があった。2000年代初頭、当時固定通信事業を手がけていたソフトバンクBBで、3000人の新卒採用計画を打ち出したのだ。

その頃、ショップの販売員の雇用は派遣や業務委託が中心だったが、さまざまな問題が生じていた。そこで直接雇用への転換を図るため、大量採用を決めたのだった。しかし、人事担当だった市川がその指示を受けたのは、新卒採用が一段落した秋。多くの学生はすでに就職先を決めており、「今からだなんて無茶だ」と頭を抱えた。

「でもやはりその判断は正しいと気付いたんです。お客様に心を込めて商品を渡す販売スタッフ、お客様からの問い合わせに誠心誠意応えるコールセンタースタッフは、やはり自社の商品に愛着や自信を持っている人であってほしい。お客様と直接触れ合う人材だけに、自社で育てることが大事だということです。実際、それからしばらく後には他社でも直接雇用の動きが広がっていきました。目先のことにとらわれれば、思い立ったことをすぐ実践するのは苦労が伴うかもしれない。でも広い視野、長期的視点で正しいと思えるなら『今、決める』ことが大事なんだと実感しています」

「決める」ことは上の人間にしかできない。だから、早く決めてあげないと部下が動けない。――スピードを重視する裏側にはそんな意図もある。創業時点の事業を受け継ぐSB C&Sには、ソフトバンク創業時のDNAが特に色濃く残っているという。メンバー一人ひとりが裁量権とスピード感を持って主体的に動く風土が根付いているのだ。だからこそ、「上司が決めてくれないから先へ進めない」というストレスを与えてはいけないと、市川は考える。稟議案件を後日に持ち越さず、その場その場で判断することを心がけている。

「私たちの業界は常に進化を続けています。変化の兆しを察知し、新たな課題へのチャレンジを繰り返していくことで、自分も会社も成長できる環境にあります。だからそのサイクルを止めることなく、メンバーの成長を後押ししていきたいですね」

SB C&S株式会社 コーポレート管理統括室 室長 市川 隆博

社員が可能性の広がりを感じ、ワクワクして働けるように

組織づくりにおいて、市川が重視しているのは「ワクワクできる」こと。

「繁忙期に社内のドリンク自販機を通常の半額にする」など、社員にとって「ちょっとうれしい」仕掛けもするが、もちろんそうした単発的なものだけではない。社員が自分の未来の可能性に対してワクワクできるようにするということだ。そのための制度や仕組みを各種整えている。

例えば、SB C&S独自の人材開発プログラム『NOBIRUBA(ノビルバ)』。社員に対し、「どんなことを学びたい?」「こんな研修プログラムはどうか?」とコミュニケーションを取りながらその人に合うプログラムを組み立て、成長の機会にしてもらう。

また、ジョブポスティング(社内公募)やフリーエージェント制を導入。上司と部下は自己申告制度と面談で「1年後に何をしていたい」「3年後にどうなっていたい」といったキャリアビジョンを共有している。そこに、現在の担当業務の成果、人事評価、面談での感触などを加味し、適切なタイミングでの異動、職務転換などを行っている。

「スピード感」を重視する風土と聞くと、何かにつけて効率を優先するイメージを抱くが、そうでもないようだ。市川は社員同士のコミュニケーションの時間も大切にしている。

「職場はわりとにぎやかです。あはは、うふふ…なんて笑い声があちこちで聞こえる。たまに『いつまで喋ってるんだよ』と呆れることもありますが(笑)、それはそれでいいかな、と。ESサーベイ(従業員満足度調査)をすると、当社は『職場』『上司』の項目の満足度が高いんです。フリーコメントでも『一緒に働く仲間がすごくいい』という声が多い。それはやはりコミュニケーションが活発だからこそ。トラブル防止の意味でも、皆が楽しくワクワクしながら働けるようにするためにも、コミュニケーションはこれからも促進していきたいと思います」

SB C&S株式会社 コーポレート管理統括室 室長 市川 隆博

インタビュアーの目線

近年、ビジネスのスピードが加速したのは、ネットの普及以降だと感じます。それより何年も前から「スピード」を風土として根付かせてきたからこそ、テクノロジーの急激な進化に伴うビジネス環境の変化、社会の変化にいち早く対応してこれたのだろう…と、成長の原動力を見た気がしました。スピードを重視しているとはいえ、大らかで気さくな雰囲気の市川室長。社員たちが仲良くしている様子を語るときの優しい笑顔が印象的でした。

インタビュー・編集/青木典子  撮影/平山諭

関連キーワード

ランキング 2位 特集一覧 ピックアップ

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (394) 社員_アセットガーディアン (20) 最新ストーリー (17) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_スターティアグループ (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 01 社員ストーリー (5) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 社員_プルデンシャル生命保険 (4) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_コールフォース (3) 社員_識学 (3) 社員_コムセンス (3) 社員_テレマーケティングサポート (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2) 代表_株式会社HARES (2) 代表_メディカル・イノベーション (2) 代表_株式会社ハロネット (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー