監査経験×コーチングで
社長の手を離れる
理想の組織をつくります

REALIZATION

玉城 梓Azusa Tamaki

代表/エグゼクティブコーチ

企業診断のプロフェッショナルとしての10年間

玉城のコーチングが組織づくりに効果を発揮する理由のひとつが、業界でも異色の『企業診断のプロフェッショナル』としての経歴にある。

玉城は、高校時代に故郷の沖縄と米国ハワイ州が主催する交流プログラムの県代表に選ばれ、留学したことをきっかけに、大学から単身渡米し、現地にて会計・金融学を修了。そのまま米国で世界4大会計事務所の1つであるKPMGに入社した。

翌年、KPMGの日本におけるメンバーファームである、あずさ監査法人に転籍し、大手企業の会計監査を担当する中で、財務諸表をもとに数字から企業の在り方を判断する能力を養った。

その後、外資系金融機関クレディ・スイスの日本拠点に転職し、内部監査を担当。KPMG時代とは異なり、コンプライアンスや管理体制といった組織的な観点からの監査を求められ、業務フローやオペレーションにいたるまで「組織のつくり方」の知見を培った。

「大企業が大企業として成り立っている要因の一つは、自立した組織づくりに成功しているということです。10年間、監査を通じて大企業を見てきた経験から、中小企業における組織づくりの課題の予想ができますし、新しく打ち出す解決策や戦略についても、リスクも含めて評価することが可能です。社員が自立できていれば、社長や役員は必要な人脈作りや情報収集、ビジョンづくりに注力できます。その結果、会社全体が大きく成長していくのです」

REALIZATION 代表/エグゼクティブコーチ 玉城 梓

Profile

1982年沖縄県生まれ。2006年にカリフォルニア州立工科大学サンルイスオビスポ校を卒業し、世界4大会計事務所の1つであるKPMGに入社。翌年に帰国し、KPMGのメンバーファームであるあずさ監査法人にて会計監査を担当。大手企業を中心に監査を行う。2011年外資系金融機関、クレディ・スイスの日本拠点に入社、経営管理態勢など多角的な観点から監査を行う。2016年同社を退職、REALIZATIONを設立し、エグゼクティブコーチとして活動を開始する。

Contact

REALIZATION

東京都港区南青山2-2-15-917

http://tamakiazusa.com/

Email:azusa.tamaki@a-realization.com