ともに働く「人」こそ財産。
失敗から学び成長する人を
全力で応援し続けられる
会社でありたい

株式会社テレマーケティングサポート

高嶋 厚志Atsushi Takashima

代表取締役社長

財産である「人」を大切に、企業価値の向上を図る

国籍や性別、経験年数にかかわらず、すべての社員に平等にチャンスを与える完全実力主義の同社では、入社後すぐの若手にも責任のある仕事を積極的に任せていく。入社2年目でコンサルティング業務を担当する社員もいるほどだ。

社名から受ける印象もあって、入社希望者はテレマーケティングや訪問営業に興味がある、という人がほとんど。だが、同社にとってテレマーケティングは「トレーニングの場」という位置づけだ。社員として新たに入社する人には、テレマーケティングを通過点として、最終的には企業のコンサルティング担当を目指して欲しいと高嶋は言う。

入社後の研修では、コールセンター業務や営業をひと通り経験した後、社員の意志を尊重した人材配置で「誰もが伸びる」環境を提供し、成長をバックアップする。入社後の研修で重視しているのは、実際に営業を経験し、成功体験ならぬ失敗体験を積み重ねてもらうことだ。

「自分自身の経験からも思うことですが、失敗はたくさんした方がいい。失敗してもやり続けるというのは辛いし難しいけど、やり続けることでしか得られないものが必ずあります。失敗しながら個人の価値を高めることが、企業の価値の向上につながると信じて、未経験の分野にも積極的に挑んで欲しいですね」

今後は、コンサルティングの対象となる企業を拡大しつつ、内部の人材力をさらに強化していく考えだ。

「私たちのビジネスモデルは、社員が財産。社員が成長し続けられる会社でなければ、クライアントからの支持は得られません。採用時に見ているのも、学歴や経験より『人』ですね。この会社で一生働きたい、という人でなくてもいいんです。むしろ、この会社で得たことを次のキャリアに生かして欲しいし、そんな想いのある方を全力で応援できる会社で在り続けたいな、と思っています」

インタビュアーの目線

創業メンバーが辞めてしまう恐怖心から、社員数を一気に十倍へと拡大した背景は、人に甘えたくても甘えられない幼少期から青春時代の体験とは無縁ではないのでしょう。創業期から続けられている立派な社内報からも、高嶋さんの“人”に対する思い入れは伝わってきます。その想いを受け継いだメンバーが会社をけん引し始めているということは、何よりも嬉しいことに違いありません。

インタビュー・編集/垣畑光哉、藤巻史
撮影/石本文子

Profile

1982年、大阪府生まれ。2000年、情報通信企業へ入社し、マネージャー、部長、執行役員を歴任。2009年、株式会社テレマーケティングサポート設立、代表取締役社長に就任。

Contact

株式会社テレマーケティングサポート

本社 / 難波コンタクトセンター
大阪府大阪市浪速区湊町1丁目4番38号 近鉄新難波ビル17階/18階
https://www.tmsp.co.jp/