ともに働く「人」こそ財産。
失敗から学び成長する人を
全力で応援し続けられる
会社でありたい

株式会社テレマーケティングサポート

高嶋 厚志Atsushi Takashima

代表取締役社長

コンサルティングに必要なのは、
「絶対に成功させる」「勝つまでやる」姿勢

失敗を恐れず、やり続ける姿勢が信頼を生み、
企業価値を高めていく

企業が抱える経営課題を受託し、サポートする

新たな元号の発表とともに本格施行された働き方改革関連法。一億総活躍社会の実現に向け、企業には就業機会の拡大、非正規・正規雇用の格差縮小、高齢者の就労支援といった働き手の意欲や能力を最大限に高めるための環境づくりが求められる。

なかでも、企業の経営に大きな影響を与える可能性があるのが、年次有給休暇の義務化や時間外労働時間の上限規制だろう。特に、これまで社員のサービス残業や休日出勤に依存してきた企業は、改革を進める中で「これまでできていたことができなくなった」という壁にぶつかる可能性が高い。

企業の経営課題に対する事業コンサルティングを手がける株式会社テレマーケティングサポートでも、働き方改革に伴って生じた企業の新たな課題を受託し、サポートする業務が増加傾向にあると同社代表取締役・高嶋厚志は言う。

「コンサルティングを通じて顕在化した課題に対して、テレマーケティングをはじめインフィールドセールス、Web、さらにインハウスという形で解決策を提示し、一緒に問題解決を図っています。私たちが受託するよりも業務設計そのものを変えた方が業務の効率化が図れると判断した場合は、そういった提案をする場合もあります」

同社がコンサルティングを担当するクライアントの業態は、通信キャリアから通信系の販売店や代理店、ガス会社や電気会社など多岐に渡り、関わり方も様々だ。

「新規顧客の開拓にかけるコストを引き下げたい」という通信キャリアに対して採用方法の見直しや人事制度の改革を提案することもあれば、メイン事業以外のビジネスモデルに取り組み始めた企業の業務設計段階からタッグを組むこともある。状況に応じて、自社のコールセンターを活用して業務を受託することもできる。頭脳も、手足もソリューションとして提供できる点が最大の強みだ。

「コンサルティングは、クライアントに選んでもらえなければ仕事がなくなりますし、失敗すればすぐに評判が落ちてクライアントが減るというリスクもあります。ですが、当社は一度コンサルティングをした企業からの紹介や、成功例を耳にした企業からの問い合わせによる受注がほとんどを占めるようになりました」

Profile

1982年、大阪府生まれ。2000年、情報通信企業へ入社し、マネージャー、部長、執行役員を歴任。2009年、株式会社テレマーケティングサポート設立、代表取締役社長に就任。

Contact

株式会社テレマーケティングサポート

本社 / 難波コンタクトセンター
大阪府大阪市浪速区湊町1丁目4番38号 近鉄新難波ビル17階/18階
https://www.tmsp.co.jp/