社内改革は企業研修と制度設計の両輪で

大泉式労務管理事務所 所長 大泉 敦史

大泉 敦史Atsushi Oizumi

大泉式労務管理事務所

所長

社会保険労務士、行政書士

2015.04.26

企業研修と制度設計をセットで考える

社員のモチベーションとパフォーマンス向上のため社内の体制を変えたい、と考える経営者の方は多いことと思います。

社内の風通しが悪い、仕事配分のバランスが悪い等の問題の是正を図りたい会社もあれば、とくに大きな問題は無くても、今後の業容拡大に向けてよりレベルアップした社内体制を作りたいという会社もあるでしょう。

社内改革を実行するために、まず思いつくのが様々なタイプの「企業研修」の導入です。

しかし、ただ研修を受けただけでは、一時的にモチベーションやパフォーマンスが上がったり従業員同士のコミュニケーションの改善が図れたとしても、それらを長期間維持するのは非常に難しいという声も多くあります。また、既存の社内制度がマッチしておらず、せっかくの改革意識を削いでしまうというケースも見受けられます。

次に思いつくのが就業規則や給与規定等の「制度設計」です。

より仕事をしやすい労働環境や、モチベーションが上がるような魅力的な給与規定の改定など、社内の制度設計は働き手のモチベーションを上げたり、明確な制度があることによって労使間のトラブルを軽減できるなど、多くの効果を期待できます。しかし、社内のコミュニケーションが円滑でないと、制度内容が従業員の望むものとは違っていたり、制度を整備したものの上手く機能しないという可能性もあります。

実は、企業研修と制度設計は密接に関わっており車の両輪のような関係にあります。

有効的な社内改革を推進するには、企業研修と制度設計を同時に進めていくことが大切であり、両軸のバランスをとることで、より効果的に活かすことができるのです。

企業研修で社内のコミュニケーション向上を

様々な企業研修がありますが、その中でも、まずは社員同士のコミュニケーションの向上を図れるものから検討されることをお勧めします。

会社の同僚や上司、また家族や友人、近所の人に至るまで私たちを取り囲む人間関係には限りがありません。すれ違いやストレスが無く、お互いがお互いの刺激や支えとなり、満たし合える関係になるためには、相手を理解してコミュニケーションを円滑にすることが必要です。

従業員が働きやすく魅力的な給与制度や就業規則など、どんなに会社が良い制度設計を導入したとしても、それらを実行する従業員の、人間関係のベースとなるコミュニケーションが上手くいっていないと、せっかくの制度も有効に機能しないからです。

また、企業研修は従業員のためのものだけでなく、社長や管理職の人も積極的に参加することが大事です。会社は、「社長を含めた一つのチーム」として動いています。良いチームにするためには、社長が従業員のことを理解するだけでなく、従業員にも社長のことを理解してもらうことが必要です。

社長や管理職が従業員のことをよく理解し、また従業員も、社長や管理者の考え方をよく理解して、互いの性格の「見える化」を図ることで、コミュニケーションがとりやすくなり、業務の流れがスムーズになったり、生産性が上がる可能性が高まります。こうした働きやすい環境作りが有効な社内改革への近道となります。

大泉 敦史

インタビュアーの目線

インタビュー中も、インタビューを受ける側でありながら「傾聴」という言葉そのもののように、私の話に穏やかに頷いておられる大泉さんが相手なら、少し聞きづらいようなナイーブな問題も、安心して相談できる気がします。また、自ら新しい手法を積極的に学び、顧問先に還元される姿勢は、まさにこれからの労務コンサルタントだと思います。

書籍「小さな会社のための「お金の参考書」 」から掲載】


Profile

茨城県出身。
高校からフェンシングを始め、インターハイへ出場。スポーツ推薦で東京農大・醸造学科へ進学し、白衣に身を包む傍ら、フェンシング部の主将を務める。

卒業後は司法書士事務所で勤務しながら社会保険労務士試験に合格し、29歳で独立。経営者とのコミュニケーションを最も重視し、労務管理を通じて地元茨城の中小企業の業績向上を目指す。趣味は源泉掛け流しの温泉巡り。

Contact

大泉式労務管理事務所

〒319-0315
茨城県水戸市内原町1543番地
tel. 029-212-3277 fax. 029-212-3276
e-mail sharousisan2002@gmail.com
URL http://www.sr-ohizumi.jimusho.jp/

関連書籍のご案内

書籍
「小さな会社のための「お金の参考書」」

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタント。専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒント。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング