すべての人にPRを!
業界の常識を覆す発想で
PRノウハウとメディア
との接点を安価で提供

株式会社ネタもと

本村 衆Atsumu Motomura

代表取締役社長

企業が抱える経営課題を
PR活動を通じて解決

継続して企業のPR活動を支える
数々のプログラムも用意し
認知度拡大や採用につなげる

効果的なPRのノウハウとメディアとの接点を低価格で企業に提供

自社の商品やサービスの魅力を社会に広く伝えたい──。そう考える企業は多いが、その情報をどう発信するか、どの媒体を選べばいいのかなど、PRのノウハウを持たない企業にとっては悩みのタネとなっている。株式会社ネタもとはそんな企業にとっての救世主だ。「すべての人にPRを!」をミッションに、企業と数多あるメディア(報道関係者)とのマッチングをサポート。効果的なPRのためのノウハウまで企業に低価格で提供する、日本初・PR業界初の会社である。

PRとは「パブリックリレーションズ(Public Relations)」の略で、組織と社会との望ましい関係をつくり出すための考え方や行動のあり方を指す。企業が望む形で作られる広告とは異なり、メディアが価値を見出した情報しか記事や番組に取り上げられない。その分、受け手にとってその情報に対する信頼感は高く、中長期的に企業のイメージアップを図ることができる。企業とその商品・サービスに対する認知度を高め、採用にも好影響を及ぼすPRを経営戦略の一つに位置付ける企業も増えてきた。株式会社ネタもとの代表取締役社長である本村衆は、自社のPR事業の特長をこう語る。

「PR会社は通常、PRのノウハウを社外に提供しません。クライアント企業とメディアの間に立ち、メディアに情報を売り込むのが一般的です。私たちはノウハウを企業に提供し、メディアとの接点もつくる。そのサービスを相場の10分の1ほどの価格で提供しています。中小企業やベンチャーはPRに人員や予算を割きづらいため、これまであまりメディアに露出できませんでした。PRはBtoC企業には必要で、BtoB企業には不要と考える向きもあった。しかし私に言わせれば中小やベンチャー、BtoB企業こそ、PRに力を入れる価値があります。メディアは手に入りづらい情報に価値を見出す。PRをしてこなかった企業がPRを始めれば、その効果はより大きいものになるのです」

いわゆるPR会社は年間1000万〜2000万円という費用でクライアント企業のPRをサポートする。大手企業が主な顧客であり、年間にいくつもリリースされる新商品・サービスのPRに長けている。一方、ネタもとのサービスは年間100万円ほど。中小企業やベンチャー企業の利用が約7割を占める。新商品リリースはそう頻繁ではないため、中小企業やベンチャーのPRには、既存の商品やサービスを魅力的な切り口で発信するノウハウが求められる。ネタもとはこの点に長けているのだ。

Profile

1961年、東京都出身。幼少時代は自由奔放に育つ。中学から全寮制の中高一貫校に入学。上下関係が厳しく、地獄の下級生生活、天国の上級生生活を経験。ここで、生きていく上での「強さ」「太さ」「要領の良さ」を身に付ける。
高校卒業後、青山学院大学経済学部に入学。高校時代の仲間とパーティーの運営を始める。当時はディスコ全盛期であり、毎月六本木で300名規模のパーティーを開催。船上パーティや、3,000名動員した六本木フェスティバル等を行う。そうした中、優勝すると映画に出演できるコンテストを企画。TV・新聞・雑誌等のメディアに大々的に取り上げられ、このことが本村にとって大きなインパクトとなった。学生時代には信販会社と提携し、大学生にクレジット・キャッシング機能付きカードの普及も行った。その後、JJ等の雑誌に大学生モデルを派遣していた仲間とセールスプロモーション会社を設立。業務内容は、イベント・各種キャンペーンの制作、大手料理学校とのネットワークの構築と商品化等。

40歳に近づいた時、夢・目標を明確に持つ必要性を感じ、ゼロからスタートするため、2000年に株式会社リアライズを設立。2018年に「株式会社ネタもと」に社名変更。

Contact

株式会社ネタもと

東京都港区北青山2-12-16北青山吉川ビル4F

https://netamoto.co.jp/