誰もが対等だからこそ
実現できる就労支援。
利用者の幸せの選択肢を
増やす場所を提供する

就労支援サービス株式会社

大畑 昭康Akiyasu Ohata

代表取締役

パラリンピック選手の言葉を胸に
就労支援事業での再起を決意。

度重なる試練を乗り越え
障がい者もクライアントも
幸せになれる仕組みを追求する

利用者を「特別扱い」しない、ITが強みの就労移行支援

沖縄県那覇市に拠点を置く就労支援サービス株式会社。同社が運営する事業所「就労支援ワークイット」では、国の障害者総合支援法にもとづく「就労移行支援」のサービスを提供している。就労移行支援の対象は、障がい者(精神障がい、発達障がい、知的障がい)の人たち。就職に必要な知識やスキル向上を目的としたサポートを行う。ワークイットはITスキルの提供を強みとする、就労移行支援事業所だ。

今やどんな業界でもパソコンは必要不可欠。そのためワークイットの提供する教育プログラムは、最低限のITスキルからIT業界でも通用するハイレベルなものまでと幅広い。利用者の年齢層は10代から60代。プログラムを修了した利用者は、IT系企業はもとより、銀行や役所、病院、警備会社など幅広い分野への就職を果たしている。

イメージとしては「職業訓練校」に近い。しかし、ワークイットの存在意義は単にビジネススキルを教えることではない、と代表取締役の大畑昭康は強調する。「就職」のためだけでなく、障がいのある方が生涯活かせる経験や実績、自信を付け、幸せの選択肢を増やすための場として位置付けているのだ。

提供するプログラムは「ITスキルプログラム」、そして流行中の大人のぬり絵やペン習字、英会話、ヨガといった「リフレッシュプログラム」の二本立てになっている。ITスキルを学校形式で画一的に教えても、欠席したり理解が遅れたりすれば、挫折してしまう可能性がある。そこで、いつでも何回でも観れる動画教材を用意し、挫折が起こりにくくするなど、さまざまな工夫が施されている。また、プライベートが充実してこそやりがいある仕事ができるとの考えから、利用者の好きなものや、やりたいこと探しもリフレッシュプログラムを通してサポートしている。

大畑は長らくIT業界で働いてきた経歴の持ち主。福祉分野でのビジネス経験はない。だからこそ、従来の就労移行支援に違和感を抱いていた、と語る。

「既存の事業所の中には、幼稚園のような手作り感満載の内装だったり、過度に贅沢な内装だったりするところがあったんです。『障がい者だから』という『特殊な扱い』で接していると僕には感じられました。利用者はいずれ卒業しますが、就職先へ自然に移れるよう、ここでは『障がい者だから』という特別な要素は排除し、ごく一般的な企業のオフィスらしい内装にしています。自分や近い関係の人が障がいを持ったとき、やっぱり身を置く環境は今まで通りの『普通』であってほしいと思うはずなんです」

事業所のスタッフが利用者を「特別扱い」しないのも特徴だ。利用者は「お客様」ではない。スタッフが何でもしてあげることが支援ではない。言葉こそ選ぶが、あえて利用者に手を貸さずにじっと見守るときもある。利用者が自立し、スタッフと対等な関係を築けてこそ支援になる。そう大畑は考える。対等な関係を心がけ、利用者の自立を促すワークイットの支援は話題となり、利用希望者が引きも切らずやってくる。

障がいの内容やその程度は利用者によってさまざまだ。その特性を理解した上で、利用者が確実に乗り越えられる仕組みを考え、教えていく。業務内容が高度だからこそ、ワークイットでの仕事はスタッフにとってやりがいのあるものとなっている。

Profile

1972年生まれ。千葉県出身。大学卒業後、アクサ生命保険株式会社、トランスコスモス株式会社を経て、株式会社サイバードにて新規事業立ち上げ責任者として沖縄県に事業会社を設立。退職後、沖縄県にネット通販、ウェブサイト制作、ゲーム開発を事業ドメインとする株式会社ソシアブリゲードを設立し、沖縄に移住。パラリンピック柔道選手・初瀬勇輔氏との出会いをきっかけに、障がい者福祉に強い関心を抱く。15年以上にわたるIT業界での経験と人脈を障がい者福祉に活かす方法を約1年半かけて模索し、ITスキルの習得支援を強みとする就労支援サービス株式会社を設立。就労移行支援事業「就労支援ワークイット」を開始。就労支援員として、求人の開拓、プログラム作成に奔走中。趣味は読書。涙もろく、感動するとすぐ泣く。家族は妻、子ども2人。

Contact

就労支援サービス株式会社

沖縄県那覇市牧志3-13-16

https://www.workit.okinawa