プロモーションの
ノウハウと実績を活かし、
「次世代のマーケティング会社」へ

バリュークリエーション株式会社

新谷 晃人Akito Shinya

代表取締役社長

どんな案件にも全力で取り組み、
勝ち得た信頼でブランド力を築く

「人を大切に」を理念とし
社員にやりがいとチャンスを提供

 目次

有力企業と手を結び、マーケティングソリューションを提供

「マーケティングを制するものが、社会を変えてゆく」

そんな想いのもと、マーケティング専門会社として、ソフトバンクをはじめ名だたる大手企業のプロモーションを手がけるのがバリュークリエーション株式会社だ。

時代の流れを読み、その時々で最適なWebマーケティング、プロモーションの手法を用いてクライアント企業にソリューションサービスを提供。過去にはGoogleパートナー企業6000社 以上の中から10社のみが選ばれる優秀賞を受賞した実績も持つ。

FacebookやLINEとも協力関係にあり、Webマーケティング関連セミナーを共同開催した際には、企業のマーケティング担当者など100人近い参加者を動員。有効なノウハウを提供することで、新規クライアントを獲得している。自らデジタルマーケティングで実績を上げているのがバリュークリエーションの強みだと、代表取締役の新谷晃人は語る。

「年間50回に及ぶセミナーを開催してきました。中でもFacebookとの共同セミナーは、会社として信頼を得ることができ、自社のブランド力が高まりました。そのブランド力でLINEとも協力関係を結ぶことができたのです。今では集客もスムーズです。これまで壁にぶつかったことも何度かありましたが、大手広告代理店が手がけないような案件にも全力で取り組み、そこで結果を出すことで信用を築いてきたのです」

新谷は大学を卒業後、広告代理店に入社。1年目で好業績を叩き出した。3年後に退社し、バリュークリエーションを立ち上げた後も快進撃は続いた。「狂乱の時代だった」と、新谷は当時の「若気の至り」を振り返る。

「クライアントと夜の街へ繰り出すことも多かったです。何をやっていても楽しかった。資金について不安になることもあまりありませんでした。けれど、世の中そんなに甘くはありません。会社を立ち上げて5年目ぐらいから徐々に歯車が狂い出しました。勢いよく駆け上がったけど、狂乱は続かないものです」

経営を立て直すと同時に、新谷は自分自身を見つめ直し、「自分改革」にも取り組んだ。

この時期に始めたトライアスロンを通じて、経営者の仲間も増えた。さまざまな経営者と交流を持つことで、会社や自身を客観的にとらえられるようになったようだ。「今では生活も経営も健全になった」と笑う。

2016年3月には、さらなる高みを目指すべく分社化を決断。現在は、デジタルマーケティング事業のほか、サロン専売の独自化粧品ブランド『trefle(トレフル)』を核としたコスメティック事業に注力している。

Profile

1982年 東京都生まれ
『変化を恐れず、新しい価値を創造する為に、挑戦しつづける。』
今まで、運動などしてこなかったが、3年前からランニングを開始。
その後、ロードバイクも開始して、トライアスロンに参戦。趣味はトライアスロン。

Contact

バリュークリエーション株式会社

東京都渋谷区恵比寿1-21-10 えびすアシスト4階

http://value-creation.jp