「ワーケーション」という
新たな働き方を提供し
日本のビジネスシーンに
変革を起こす

株式会社東急シェアリング

金山 明煥Akinori Kanayama

代表取締役社長/工学博士(都市計画)

東急グループの一翼を担う
シェアリング事業の
リーディングカンパニー

新たな「ライフスタイル」と
「ワークスタイル」を創造し続ける

ワーク×バケーションで「働き方」に新たな選択肢を

東京から新幹線に飛び乗り、席についてPCを開く。メール対応や資料の確認をしながら、ふと顔をあげると、窓の外には軽井沢の美しい山並みと木々の緑が広がっている。駅に降り立ち、高原の風を感じながら、澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込む。「よし、高原を散歩してから新しい企画を考えよう。いいアイデアが湧きそうだ」―。

オフィスでも自宅でもない場所で、余暇を楽しみながら仕事を進める。こうした「ワーケーション」と呼ばれる働き方は、近年、さまざまな企業やフリーランス、専門職の人々から注目を浴びている。「ワーケーション」とは「Work」と「Vacation」を組み合わせた造語で、2000年代に米国から発祥した新たなワーキングスタイルだ。

この「ワーケーション」に着目し、商品としてをいち早く日本で販売を始めたのが株式会社東急シェアリング。代表取締役社長を務める金山明煥(あきのり)は、「ワーケーション」に注力する理由をこう語る。

「AIやRPAなどIT技術が目覚ましい進化を遂げる中、人には、より想像力を活かした仕事やイノベーションにつながる新たな発想が求められています。クラウドで働ける時代になった今、都会の喧騒から離れ、ゆったりと自分のペースで仕事ができる環境は、ビジネスパーソンの創造性を刺激し、生産性の向上につながると考えています」

同社は1999年の設立以来、全国の自社リゾート施設を“シェア”して使う独自の会員制シェアリングリゾート事業を展開してきた。別荘のように不動産を持つのではなく、利用権をポイントとして購入する仕組みで、会員は1泊から長期滞在まで、ポイントを使っていつでも自由なスタイルで利用することができる。

6名まで宿泊可能な広々とした居室には、フルキッチンと調理器具、カトラリーが揃えられ、地元の食材を使って自分で料理をすることも可能。手厚いコンシェルジュサービスも敢えて行わないため、プライベート空間を大切にしながら家族や仲間とゆったり過ごせる。日常の延長のようなスタイルでバケーションを楽しめることが、シェアリングリゾートの最大の魅力だ。主な会員は50~60代のアッパー層だが、近年では、その子ども世代が両親を招き、3世代に渡って利用するケースも増えている。

金山は、こうした“シェアリング”の発想をビジネスシーンまで広げ、2018年「ワーケーション」商品をスタート。全国16ヵ所にある施設のうち、東京近郊のリゾートをメインにシェアリングオフィスを兼ねたリゾート施設としての利用を推進している。

大手企業の社員を招いた体験イベントのほか、総務省と軽井沢地区と連携し、「ワーケーション」がもたらす効果についての実証実験も行う。効果検証を終えた後は、そのベネフィットを数値化し可視化させることで、ビジネスに与える好影響をより明確にアピールしていく予定だ。

「ワーケーションは一言で表すと『リゾートテレワーク』。都会のサテライトオフィスと大きく違うのは、人と人とのコミュニケーションが活性化するという点にあります。例えば、都内のオフィスでスーツを着てミーティングをしていても、堅い雰囲気で緊張が続くこともある。でも、場所を変え、ネクタイを外し、豊かな自然環境の中で会議をすれば、議論も弾みアイデアも出てくる。また、こうした環境は、部署の違う人や異なる会社の人同士を近づけてくれます。そこに新たなコミュニティが生まれ、化学反応が起き、イノベーションにつながる発想が生まれる。1人で仕事を進めるときも、ほどよく発散できるので効率も上がるでしょう。それこそがワーケーションならではの価値だと考えています」

Profile

東京都生まれ。工学博士(都市計画)。早稲田大学卒業後、1984年、東急建設株式会社入社。1990年、マサチューセッツ工科大学修士課程修了、1999年、東京大学博士(工学)課程修了。東急電鉄を中核とする東急グループにおいて、多様な事業分野における事業開発やグループ企業を対象にした連結経営に携わった後、2011年、株式会社東急ビッグウィーク代表取締役社長に就任。2016年、株式会社東急シェアリングに商号を変更。現在全国16ヵ所のシェアリングリゾートを運営。

Contact

株式会社東急シェアリング

東京都渋谷区渋谷1-16-14渋谷地下鉄ビル3F

https://www.tokyu-vacations.com