社長の肉声を聞きに出かけよう
株式会社アイ・パッション 代表取締役社長兼エグゼクティブパッション 浅井 慎吾

株式会社アイ・パッション

浅井 慎吾Shingo Asai

代表取締役社長兼エグゼクティブパッション

2015.04.03

無い無い尽くしのベンチャーには社長がいる

アイ・パッション起業前は、求人広告の代理店会社に7年半勤めていました。大量採用かつ、学生の就職ランキングでは下のほうになってしまう大手企業が主な取引先でした。メディア提供だけではなく、きめ細かなコンサルティングをすることで、求人広告ではトップの成績を収めていました。

けれども営業成績を伸ばせば伸ばすほど、あるジレンマに陥りました。それは、大量採用する企業ほど、大量に人が辞めるという事実でした。その一方で求人広告は、人の出入りがあればあるほど売れるわけです。本当にクライアントの役に立てているのか。自分の存在価値に疑問を感じる時期が続きました。

その頃、大手企業と並行して、10社ほどのベンチャー企業の採用をお手伝いするご縁をいただきました。大手と比べるまでもなく、ベンチャー企業には採用にかけられるマンパワーやコスト、ブランド力、ノウハウが圧倒的に不足しています。しかも、アポイントを取るために電話をすると、「忙しいから昼間は会えない。深夜の1時に来て」などと平気でいわれるのです。これには最初は面食らいました。

けれども、日付が変わった頃にオフィスにお邪魔してみると、今後の夢やビジョンを熱く語られ、私もつい身を乗り出して聞き入っているということが何度もありました。ヒト・物・金と無い無い尽くしのベンチャー企業には、人へのこだわりや思い入れが強く、明確なミッションやビジョンを持った社長がいたのです。

あるとき、満たされない気持ちを一人のベンチャー起業家に打ち明けたところ、こういわれました。「仕事に〝創る・売る・支える〞の3つがあるとすれば、浅井君は〝売る〞ことしかしてないよね」。胸に突き刺さる言葉でした。人から提供された広告枠を売るだけでは満たされない。何かを創造し、誰かを支え続けたいと思いました。

そんな経緯から、2006年アイ・パッションを起業しました。ベンチャー企業の社長と優秀な若者の出会いを創出し、お互いがリアルに共感できる採用活動を通じて、日本のベンチャー企業が発展していくことに寄与していきたい。これまで培ったノウハウをベンチャー企業のために還元しようと思ったのです。


Profile

1976年愛知県生まれ。
関西大学社会学部を卒業後、リクルート専属広告代理店・株式会社アドプラ
ンナーに1999年4月新卒入社。入社2年目からトップセールスを続け、7年間
で500社以上の企業の採用コンサルティングに従事。ベンチャー企業特化型
の採用コンサルティング事業を展開するべく2005年に起業決意。2006年8
月株式会社アイ・パッション代表取締役就任。「人生に情熱を、働きに熱狂
を」をコンセプトに、起業家とビジネスにドMな学生との出会いを創出する就
職サイト「パッション業界就職ナビ」を展開。レッドフォックス株式会社、株
式会社マーケットエンタープライズ、2社の社外取締役を兼務する。

Contact

株式会社アイ・パッション

〒150-0041
東京都渋谷区神南1-6-6 OZAWAビル6階
03-5456-6411
http://www.ipassion.co.jp/

関連書籍

書籍
「10年後に後悔しない働き方 ベンチャー企業という選択」

就職・転職を考えたときに読むこれからの仕事選びのバイブル!

GMOインターネット、オプト、パーク・コーポレーション、ワークスアプリケーションズなど23社の経営者が語るハッピーな働き方。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング